今流行りの乳酸キャベツって知ってますか?(2)~食べ方色々

前回の続き(今流行りの乳酸キャベツって知ってますか?(1))です

乳酸キャベツどうやって食べる?

発酵キャベツはそのままでもよいのですが、色々と手を加えると毎日の食卓で活躍しますよね

乳酸キャベツはお手軽に付け合せとして

何と言ってもウインナーと相性は抜群だと(勝手に)思っています。

発酵キャベツ

個人的にはホットドックにしてウインナーに発酵キャベツをたっぷりいれて

マスタードとケチャップ!最高に美味しい逸品!
また、和え物として、酢の物と一緒に混ぜ合わせたり、サラダ入れ込んだり

乳酸キャベツはその他の発酵食品である納豆やヨーグルト(無糖)と和えてもあまり違和感が無く食べられます。

乳酸キャベツと一緒に煮ると肉質が柔らかくなります

乳酸キャベツにはうまみ成分であるアミノ酸が生のキャベツの6倍もあり、また、少しの塩で味が決まるので減塩にも効果的。

肉や魚なども柔らかくする効果があるので煮込み料理もお勧めです。

発酵キャベツ

発酵キャベツ調理・写真はイメージです

アイディア次第で色々な料理に発展できます。

乳酸キャベツはその期間によって味の変化があるのでその時にあった調理法をするのがお勧めです。

日頃から乳酸菌は摂ると良い食品です

確かに加熱すると胃腸を整える作用は弱くなると考えられますが、食物繊維の働きはそのまま残り、乳酸菌自体は加熱で死菌になっても身体の免疫を調整する作用があると言われているので、あまり気にしなくても良いかもしれません。腸内を健康に 発酵キャベツ

日本人は漬物や味噌、納豆、醤油などをはじめとした植物系の乳酸菌を昔から摂っていました。ですが、昨今、肉食が増え、昔からある発酵食品を摂らない人も多くなってきています。

乳酸菌を日頃から積極的に摂取することにより、腸内環境のバランスを良い方向に持って行けることが考えられます。

腸内のバランスが悪いと代表的なものに便秘など挙げられますが、実はハッピーホルモンと呼ばれるセロトニンは腸から分泌されるものなのです。

このバランスが崩れると気分が落ち込んだり、体調不良になったりします。

毎日気軽に色々な食物から乳酸菌を摂取することをお勧めします。
乳酸キャベツはもちろん美容にも良いですよ♪

ココロ化粧品トップへ