アプリコットカーネルオイル(アンズ核油・杏オイル)のパワーは素晴らしい!

近年大変注目されているアプリコットカーネルオイル(アンズ核油)

アプリコットカーネルオイル(杏核油・杏オイル)はアプリコットの種子を低温圧搾して得られた油が、アプリコットカーネルオイル(アンズ核油)です。

杏 ココロ化粧品

肌の代謝良くする成分が配合されており、加齢で出来た脂肪粒が取れるなどど、メディアでも注目されているオイルになります。

さて、このアプリコットカーネルオイル(杏核油・杏オイル)は何でこんなに注目されるのでしょうか

アプリコットカーネルオイル(アンズ核油・杏オイル)の高級脂肪酸&ビタミンE

アプリコットカーネルオイル(杏核油・杏オイル)には5種類の高級脂肪酸が含まれています。

  • パルミトレイン酸
  • ステアリン酸
  • オレイン酸
  • パルミチン酸
  • リノール酸

若さの脂肪酸パルミトレイン酸

パルミトレイン酸は肌の細胞を再生する働きに優れた脂肪酸です。

肌細胞のターンオーバーを早め、くすみを消す効果も大きいことから「若さの脂肪酸」とも呼ばれているほど。

また、血流を良くして血栓が出来るのを防ぐ働きもあります。

もともとパルミトレイン酸は私たちの肌にも含まれていますが、年齢とともに減っていきますが、アプリコットカーネルオイル(杏核油・杏オイル)のオイルで補うことが可能です。

抗酸化作用の高級脂肪酸ステアリン酸

ステアリン酸は飽和脂肪酸の成分の一つであり、私たちの身体にとても大切な働きをします。

ステリン酸の働きは「抗酸化作用」があります。

私たちは酸素を取り入れて活動をしてます。酸素は身体の中で栄養素と結びつきエネルギーをつくっています。

ですが、取り入れた酸素がすべて体内で使われることがなく、余った分は酸化してしますのです。

これが体内の酸化(サビ)、いわゆる活性酸素が出来る状態となり、様々な生活習慣病と言われる問題を引き起こしていくのです。

この体内のサビ(活性酸素)を押さえる作用を抗酸化作用と呼びます。

カーネルオイル(杏核油・杏オイル)のオイルにはこの抗酸化作用のステアリン酸が含まれています。

過酸化皮脂予防にオレイン酸

オリーブオイルやキャノーラ油、ナッツ類に代表される不飽和脂肪酸で、不飽和脂肪酸の中でも最も酸化しくく、活性酸素と結びつくことで過酸化脂肪をつくりにくくします。

このため、動脈硬化や高血圧、心疾患などの生活習慣病を予防・改善するとして注目されています。

オレイン酸は皮脂の構成成分となるので、不足するとくすみや肌荒れの原因の1つとなると考えられます。

紫外線対策にパルミチン酸

パルミチン酸は抗酸化作用の働きをします。

ビタミンAを安定化させ、しわを押さえる。

過剰な皮脂の分泌を抑えるのでニキビを減らす。

また、善玉コレステロールを増加さえるため、動脈硬化予防、などの効果が期待できます。

セラミド構成成分のリノール酸

人体内で合成することが出来ない必須脂肪酸。

保湿や抗炎症作用などの作用があります。角質層から水分が蒸発するのを防ぎ、肌をなめらかにする作用があり、肌のバリア機能を高めます。

セラミドとは人の肌バリア機能とも言われる角質層の重要成分になります。

活性酸素撃退のビタミンE

ビタミンEは脂からできている細胞膜に存在し、活性酸素から細胞膜を守る働きをします。また、強い抗酸化作用があるので若返りのビタミンとも呼ばれています。

体内で生成されることが出来ないので、外部から取り入れることとなります。

また、肌の代謝を促すので色素沈着してしまった細胞を排泄する作用があるので、シミ対策・予防にも期待が出来ます。

アプリコットカーネルオイル(アンズ核油・杏オイル)の魅力

美容大国韓国では「幻のオイル」漢方では「神秘湯」

アプリコットカーネルオイル(アンズ核油・杏オイル)には、過酸化脂肪酸をつくりにくくするオレイン酸やパルミトレイン酸がたっぷりと含まれている為、保湿力が高く美肌に導きます。

また、東洋人の肌になじみやすく、また、一つの杏の種からほんの少量しかとれない大変貴重なオイルなので「幻のオイル」と呼ばれています。
漢方では「神秘湯」と呼ばれ珍重されています。
絶世の美女と呼ばれた楊貴妃もこのオイルを愛用していたと言われています。

乾燥肌・脂性肌の方を選ばずに使える万能オイル

アプリコットカーネル・ココロ化粧品オイルと聞くと、その人の肌の肌質で選ぶと思います。乾燥肌と脂性肌だと考え方はまるきり正反対な気がしますが、アプリコットカーネルオイル(アンズ核油・杏オイル)は乾燥肌の方には潤いを、脂性肌の方には皮脂の分泌を調整してくれる優れものです。

ですので、お子様や思春期の方、ご高齢の方まで幅広くお使い頂けるオイルなのです。

肌へのなじみの良さとサラサラ感が気持ち良い

オイルはべたべたして気持ち悪いと思っている方も多いかと思いますが、このアプリコットカーネルオイルは違います。

感触はサラサラしてい大変滑らか。お肌へスーっと馴染んでくれるので使いやすいオイルです。

また、杏から摂れるオイルなので色はオレンジと思われる方もいらっしゃいますが、無色の液体です。

加齢で出来た脂肪粒・イボ、ニキビに効果的

女性は高齢になると血流の流れが悪くなっていきます。特に更年期になると老廃物が体内にとどまり、代謝も悪くなり、イボ(脂肪粒)ができやすくなってきます。

この加齢で出来たイボを整形外科で摂るという方法もあるのですが、美容行為にあたるため、治療費もかなりかかります。

アプリコットカーネルオイル(アンズ核油・杏オイル)は酸化しにくく、また、人間の皮脂に近い成分で出来ている為、代謝を高める効果が期待でき、使うほど皮膚が柔らかく、加齢で出来る硬くなったイボに効果があると言われています。

また、肌の代謝を良くするのでニキビや吹き出ものにも効果が期待出来ます。

紫外線対策・シワ対策&保湿効果

アプリコットカーネルオイル(アンズ核油・杏オイル)には紫外線カットの効果もあり、紫外線によるシミやシワを解消する効果も期待できます。

このオイルに含まれている高級脂肪酸は、年齢とともに硬くなってしまったお肌を柔らかくし、潤いのある若々しいお肌にする効果も期待できます。

ココロ化粧品トップへ