皮膚が弱いと固形石鹸が良いって本当?

身体を洗ったり顔を洗ったりする石鹸

今は色々と出回っていますよね

ボディーソープ・洗顔フォーム・半練状のもの固形石鹸etc

液体のものや半練のものに関しては

色々な界面活性剤が混ぜ込まれ作られています

また、水分量が多いため、腐らないためにもほぼ防腐剤が入っています

もちろん、身体に影響がないような配合になっているのですが

色々なもの(物が劣化しない、泡立ちをすぐによくする)が入っている為

肌の弱い人にそれが刺激成分としてあまり良くない結果となってしまうのです

固形石鹸に関しても酸化防止剤が入っている・入っていない等々があります

石鹸の主成分はオイルなので、ほとんどの石鹸にはこの酸化防止剤が配合されています

また、セールの石鹸など開けたときに

「ん??なんだか変なにおいがする」

といったことがありませんか?

多分それはその石鹸に配合されているオイルが酸化した臭いです

いくらビニールで包装してあっても空気が入ってしまっていて

その石鹸が出来上がった直後から酸化という現象は始まっているのです

酸化防止剤が入っていないといってオイルが酸化してしまっては

あまり肌に使いたくありませんよね?

ココロ化粧品ナチュラルピュアソープ

————————————————————————————–

ココロ化粧品ナチュラルピュアソープは酸化防止剤を配合しないかわりに

真空パック包装を行っております

敏感肌の方でも安心してお使い頂けるように余計なものを一切省きました

ココロ化粧品トップへ