チョコレートの効果・カカオポリフェノールすごいです

チョコレートがスーパーからなくなる???

前からカカオ含有率の高いチョコはストックしてたのですが

数日前にチョコの効果がこんなにすごい!?ってTVでやってたんですよ

それも今の時期はバレンタインも近いのに…

そんな特集やっちゃうの??という感じでした

案の定…近所のスーパーでは「只今欠品中のため…」という張り紙がチラホラ

それもチョコレートコーナーでどれを買おうかって悩んでいるのが

いつもは見かけない中高年の男性でした

こんなに注目されるチョコレート、いったい何が良いとされているのでしょうか

チョコレート効果ココロ化粧品

高血圧に!?チョコレートのカカオポリフェノール効果

健康診断で中高年で気になるのは血圧の高さがあげられると思います

30歳以上の日本人の男性の60%女性の45%が高血圧とされていて

年齢が高くなるほどこの傾向は高くなります

また、現代はストレス社会ということで、精神的からも血圧が上昇している方も多いのかもしれません

薬で下げるのも…と思ってる方も多いと思いますが

これが食べ物で下がるのなら!ということで注目されているのがチョコレートなのです

血圧が高めの人にピンポイントで効果が!カカオポリフェノールの有能さ

今まで、チョコレートやココアに含まれるカカオポリフェノールは、活性酸素を抑える働きがあることが知られ、生活習慣病に有効であるとの多くの報告があったそうです

これを踏まえ日本人での実証実験がおこなわれました

実験ではカカオ分72%のチョコを毎日一定量、一日5gを5枚食べ、4週間摂取したそうです

結果、血圧が下がるという現象が起きたそうです

ここで問題なのは血圧が低い人も下がっちゃうと大変!という部分なのですが

血圧が高い人は下がり、正常値の人は大きく下がるということがなかったということ

これだと安心して食べることができますよねチョコレート効果ココロ化粧品

チョコレートのカカオポリフェノールは血管を広げる働きが

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは、小腸で吸収され、血管の内部に入っていきます

血管の内部に炎症が生じている場合には、その炎症により、血管が狭くなり、赤血球が通り抜けにくくなっていますが

そこに、カカオポリフェノールが作用することで、炎症が軽減され血管が広くなる効果が期待できます

これによって、赤血球が通りやすくなると考えられますとのこと

食べても体重には変化はなし・善玉コレステロールは増加!

実験ではチョコレート25gを毎日摂取とのことでしたが

体重の変化はみられなかったそうです

これなら安心して食べることが出来ますよね

そして嬉しいことに善玉コレステロールがの値が上昇とのこと

カカオポリフェノールには抗酸化作用があるのでこの部分でも美容に敏感な女性にも摂取してもらいたい食品ですね^^

認知症にも効果がある??

このチョコレート摂取により、脳細胞を増やすために必要とされているBDNFという物質も上昇することが分かったそうです

加齢とともに減っていくBDNFはニューロンの産生などに関係していて、脳にとって必要な栄養分だと考えられていて、これを制限してしまうと記憶や学習能力が低下してしまうということが分かっているそうです

また、うつやアルツハイマー型認知症にも関連性があるとのこと

チョコレートなどに含まれるカカオポリフェノールは脳血流量が上昇するということもわかっていて、この予防にも摂取したい食品だと思われます

チョコレート効果ココロ化粧品

抗酸化作用があるので美容にももちろんお勧めです

さきほど72%程度のチョコがもう売り切れ状態だったので

90%越えのものを購入してきましたが…

ちょっと…苦すぎるかも…苦手な方は苦手かもしれませんね

というこでしばらくは店頭からチョコがない状態になるかもしれません

ただTVの特集もこんなバレンタイン直前にやるかな…と個人的には思いました

 

ココロ化粧品トップへ