お風呂に長く入っていてはダメの理由

おはようございます吉祥寺からココロ化粧品がお届けします
この季節なので…お肌の乾燥に関して書いていきたいと思います

え!?半身浴ってお肌に良くないの?

私はちょっと…というかかなりの低体温なので

お風呂入るとき比較的長湯なんです

ダイエットも…と思い(^^;

半身浴も良くやっていました

半身浴だと比較的長風呂…


ですがこの長風呂ってお肌の健康にはいささか問題があるようで…

お風呂に長く浸かると指紋がふやけて…って体験したことないですか?

このふやける=角質層がふやける

まぁ…難しいことを書いてもわかりにくいのですが

要は

長湯する=お肌の潤い成分が出てく=肌の乾燥

って負のスパイラルが起こるのです

お風呂にに浸かる時間の目安は約20分

ではシャワーでいいんじゃない?と思ったそこのアナタ…

お風呂にはお風呂の良いところがあります

血行促進、免疫機能を高める、肩こり改善、リラックス効果…

なので

湯舟に入らない…のではなく

長湯はやめましょうね^^; というお話

ではどのくらいが目安かというと

リラックス効果で考えると36度~39度のすこしぬるめのお湯

これで20分くらいが最適と言われています

なんで20分?というと身体全体を「芯」まで温める時間が20分

なのでこの時間を目安としてください

前述のように「指紋がふやける」状態は注意ですよ~!!

お風呂から出た後は保湿ケアをきちんとしてくださいね

ココロ化粧品のナチュラルピュアソープ(100g・80g・10g)は保湿力20倍の潤い石鹸です

ココロ化粧品トップへ