敏感肌のクレンジング

日ごろ化粧をしている人はクレンジングが必須ですが
クレンジングは何を使っていますか?

クレンジングで肌が荒れる?

日ごろのメイクを落とすのにクレンジングを使いますが、メイクを落とすためにクレンジングには色々な洗浄成分が配合されています。
クレンジング剤の中には洗浄力が強く、使いすぎると肌が荒れてしまう場合もあります。

敏感肌のクレンジングの選び方

敏感肌にとって洗浄力が強いものはNGです。
敏感肌専用で硬めのクリームタイプのものがオススメです。
肌への負担を考えると、拭き取りタイプやシートタイプは摩擦が強くかかる可能性があるので、お肌の弱い方にはお勧めできません。

メイク後クレンジングをしないとどうなる?

ファンデーションは1日が経つ頃にホコリや皮脂が混じった状態になり、汚れに変化してしまいます。
このため、メイク後はきちんと落とさないと肌への負担になってしまいます。
基本はクレンジング+洗顔が良いとされていますが、パウダーファンデーションなどの軽めのメイクの場合には洗顔んだけで大丈夫です。
クレンジグ剤がなくメイクが落とせる洗顔料の場合は界面活性剤が多く含まれている可能性が高いのでお肌の弱い方はお勧めできません。

オイルクレンジングの落とし穴

オイルクレンジングをすると毛穴の角栓がよく取れる…と感じる人も多いと思います。
ですが、たまには良いかもしれませんが常に行なうと肌の乾燥を引き起こしいやすくなります。乾燥がひどくなると敏感肌になるので多く利用するのはやめたほうが良いかもしれません。

朝のクレンジングはNG

メイクをオフにするのがクレンジングの役割です。メイク前のクレンジングは肌が乾燥しやすい状態になってしまうのでオススメしません。

重要なのは肌への負担を掛けにくいクレンジング

汚れをきちんと落としつつ、肌への負担を最小限にするクレンジングはとにかく素早く済ませること。1分以内には終わらせるようにしましょう。

Tゾーン→Uゾーン→目元口元、小鼻→顔全体→洗い流す

という感じです。
※Tゾーン:額から鼻にかけてのライン
※Uゾーン:顎、頬まわり

クレンジングの後には洗顔をしてくださいね。

Column

ココロ化粧品:Blog

タグクラウド

あんず美人石鹸 たるみ カミツレ花エキス カモミール コロナウイルス シアバター ストレッチ セロトニン ダイエット ツボ ナチュラルピュアソープ ナトリウム ニキビ ハンドクリーム ビタミンC ビタミンE 乳酸キャベツ 乳酸菌 乾燥肌 低刺激 低刺激石鹸 便秘 保湿 保湿ケア 出店 吉祥寺 味らい 手作り 手荒れ 抗酸化成分 敏感肌 杏オイル 武蔵野プレミアム 水分 水分補給 石鹸 美容 肌荒れ 腎臓 華美 血液 角質 食物繊維 低刺激石鹸・華美・あんず美人石鹸 フェイスマスク・あんず美人ますく
ココロ化粧品トップへ