杏のオイル「アンズ核油(杏オイル、アプリコットカーネルオイル)」のパワー5つとは?

アンズ核油をご存知でしょうか、杏の種から採れる希少なオイルです。
日本では馴染みのあまりないオイルではありますが、このオイルの嬉しいパワーを5つご紹介します。

【杏のパワー・1】イボが取れる!?アンズ核油のパワー

アンズ核油(アプリコットカーネルオイル・杏オイル:以降アンズ核油と表記します)には、様々な良い作用があると言われて、最近注目されています。特に加齢で出来るイボが取れるというのは有名な話。

この「取れるイボ」と呼ばれるものはいわゆる老人性イボというもので、加齢によってできる 脂漏性角化症 というものです。

長年、紫外線を浴びることにより、皮膚が老化してできるものです。良性の腫瘍なので、身体に悪影響は及ぼさないと考えらますが、首などに目立つところにできると気になりますよね。

アンズ核油の栄養素・ココロ化粧品

アンズ核油の成分は、肌の代謝を上げて肌のターンオーバーを早める作用があると言われています。
また、肌の酸化を守るビタミンEや美肌効果があるビタミンAなども豊富にあるので、硬くなった角質が柔らかくなって取れる!という事らしいです。

取れたという「噂」は耳にしますが、身近に老人性イボがあるという人がいないのでわからないのですが、肌が元気になるというのは体感しています。

アンズ核油に含まれる【活性酸素撃退】のビタミンE

ビタミンEは強い抗酸化作用があるので若返りのビタミンとも呼ばれています。

体内で生成されることが出来ないので、外部から取り入れることとなります。

また、肌の代謝を促すので色素沈着してしまった細胞を排泄する作用があるので、シミ対策・予防にも期待が出来ます。

※イボには悪性の物もありますので、ちょっとでも変だな?と感じたら皮膚科に行ってくださいね!

【杏のパワー・2】アンズ核油は美肌と健康に嬉しいオイル!

アンズ核油の中にはオレイン酸が約7割含まれていて、オリーブオイルに匹敵する多さです。
また、ビタミンAの一種であるβカロテン(ベータカロテン)が豊富で美肌効果や、皮膚の健康に良いとされています。

アンズ核油はオリーブオイルに匹敵する栄養素のかたまり

オリーブオイルの特徴的な栄養素は全体の脂肪酸の7割以上のオレイン酸と抗酸化作用に良いとされるパルチミン酸やポリフェノール。
アンズ核油の特徴的な栄養素は全体の脂肪酸の約7割のオレイン酸と抗酸化作用のパルチミン酸などの脂肪酸、ビタミンE、ビタミンAの一種βカロテンとなります。

アンズ核油に含まれる【過酸化皮脂予防(カラダのサビ予防)】のオレイン酸

オリーブオイルやキャノーラ油、ナッツ類でオレイン酸という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。
アンズ核油にも約70%入っているこのオレイン酸は不飽和脂肪酸の中でも最も酸化しくく、過酸化脂肪(いわゆるカラダのサビ)予防になると言われています。

オレイン酸が不足すると肌荒れはくすみの原因の一つと考えられています。

あんず核油

アンズ核油に含まれる【強力な高酸化力】の栄養素βカロテン

β-カロテンは強力な抗酸化力を持つ栄養素です。体内では必要量に応じてビタミンAに変換、ビタミンAとしても効果を発揮します。
人体の粘膜や皮膚を健康に保ったり美肌効果が期待できます。

【杏のパワー・3】乾燥肌・脂性肌、年齢を選ばずに使える万能オイル

アンズ核油=オイルと聞くと、脂性肌には使えないのではないか?と思えます。また、乾燥肌と脂性肌だと考え方はまるきり正反対な気がしますが、このアンズ核油は乾燥肌の方には潤いを、脂性肌の方には皮脂の分泌を調整してくれる優れものです。

アンズ核油に含まれる【セラミド構成成分】のリノール酸

保湿や抗炎症作用などの作用があります。角質層から水分が蒸発するのを防ぎ、肌をなめらかにする作用があり、肌のバリア機能を高めます。

セラミドとは人の肌バリア機能とも言われる角質層の重要成分になります。

アンズ核油に含まれる【紫外線やニキビ】対策のパルミチン酸

アンズ核油に入っている脂肪酸の一種であるパルミチン酸は抗酸化作用の働きをします。
ビタミンAを安定化させ、しわを押さえる、過剰な皮脂の分泌を抑えるのでニキビを減らすと言われています。

アプリコットカーネル・ココロ化粧品

アンズ核油は肌の代謝を上げると言われているため、ニキビや吹き出ものにも効果が期待出来ます。
保湿を上げたいお子様やニキビなどで悩みを持つ思春期の方、お肌が乾燥しがちなご高齢の方まで幅広くお使い頂けるオイルです。

【杏のパワー・4】シワや保湿の効果アリ!?のアンズ核油

アンズ核油に含まれている高級脂肪酸は、年齢とともに硬くなってしまったお肌を柔らかくし、潤いのある若々しいお肌にする効果も期待できます。

アンズ核油シワ、保湿に

アンズ核油に含まれる【若さの脂肪酸】パルミトレイン酸

パルミトレイン酸は肌の細胞を再生する働きに優れた脂肪酸です。

肌細胞のターンオーバーを早め、くすみを消す効果も大きいことから「若さの脂肪酸」とも呼ばれているほど。

また、血流を良くして血栓が出来るのを防ぐ働きもあります。

もともとパルミトレイン酸は私たちの肌にも含まれていますが、年齢とともに減っていきますが、アプリコットカーネルオイル(杏核油・杏オイル)のオイルで補うことが可能です。

アンズ核油に含まれる【抗酸化作用の高級脂肪酸】ステアリン酸

ステリン酸の働きは「抗酸化作用」。
いわゆる体内の酸化(サビ)である活性酸素を抑える作用があります。アンチエイジングに嬉しい脂肪酸と言えます。

【杏のパワー・5】アンズ核油は頭皮や髪の毛にも嬉しいオイル

杏のオイルは髪のなじみが良いのが特徴です。
また、粘りが椿油の約60%と軽いので使いやすいくく、髪へ浸透しやすいオイルです。
ビタミンEなどの抗酸化作用や紫外線に強いパルミチン酸も入っているため日ごろから紫外線などで傷んだ髪や頭皮に嬉しいオイルとなります。

髪に嬉しいアンズ核油

お肌に嬉しいアンズ核油…アンズ核油って何?

そもそもアンズ核油って何から採れるものなんでしょうか?
よく勘違いされるのがアンズの実いわゆる可食部分を絞ったもの?と言われます。
アンズ核油は食べる所ではなく、種から採れるのです。

杏の種から採れるアンズ核油

アンズ核油(アプリコットカーネルオイル・杏オイル)は杏(アプリコット)の種を割った核、仁の部分(杏仁)を絞ったオイルです。
杏仁豆腐(本物の※)はこれの粉が使用されます。

角質をとるのに杏のスクラブが販売されていますが、これは「杏の殻」から作られてます。
肌の弱い方は傷つける可能性があるのでご利用には注意が必要です。

※杏仁豆腐は本来、杏仁部分を使って作るものですが、一般的に販売されている杏仁豆腐は「杏仁豆腐」風で香りだけつけてるものが多いのが現状です。成分表に杏仁と記載されているかどうか確認してみてくださいね。

アンズ核油はちょっと高め…オイル

杏の種を見たことがある方ならわかると思いますが、オリーブオイルと違って(オリーブオイルは果肉を絞ります)硬い殻を割って絞り出します。
一つの種から少量のオイルしか抽出できません。

オイルのランクにもよりますが、高めのエキストラバージンブオイルの14倍、椿油の約5倍ほどになります。

東洋人の肌になじみやすいアンズ核油、古くは楊貴妃も使っていた?

アンズ核油は東洋人の肌になじみやすいオイルです。一つの杏の種からほんの少量しかとれない大変貴重なオイルなので美容大国韓国では「幻のオイル」と呼ばれています。
また、中国で杏の核の部分(杏仁)は昔から漢方薬の材料として使われています。
絶世の美女と呼ばれた楊貴妃もこの杏を愛用して、美肌・美髪を手に入れ、皇帝に見初められたと言われています。

あんず核油

アンズ核油の良さを少しでも受け入れて頂けたら幸いです。
オイルの単価が高いので日本では一般的ではないのですが、アンズ核油のパワー5つをおさらいしておきますね!

  • 加齢で出来るイボにうれしい
  • 美肌と健康にうれしい
  • 乾燥肌、脂性肌、年齢問わず使える万能オイル
  • しわや保湿にうれしい
  • 頭皮や髪に優しい
ココロ化粧品トップへ