目の下の 「クマ」 は3種類!?それぞれにあった対処法でケアしましょう

気になる目の下のクマ

鏡を見て 目の下のクマが気になる事がありませんか?
目のくま

疲れている印象・老けた印象があるこのクマですが

実は「クマ」といっても1種類だけではないのです

それぞれにあったクマの対処法でなるべくクマが目立たない状態にしましょう

3種類あるあなたの「クマ」はどれにあたりますか?

クマには大きく分けて3種類があります
ご自身はどれにあてはまりますか?

◎目の下の部分を引っ張るとクマが薄くなくなるタイプ
血行不良「青クマ」

血行不良なので血液の循環を良くしましょう
マッサージは目の周りはもちろん、顔全体に行います
ウォーキングなどの運動で全身の血液循環を良くするのもおススメです

また、ビタミンEなどは皮膚の代謝を良くするので摂取することをお勧めします

アーモンド・ヘーゼルナッツなどもビタミンEを多く含んでいるので
おやつ替わりに食べるのも良いと思います
ナッツ類だと1日25g程度が適量と言われています

◎引っ張っても上を向いてもクマの濃さはかわらないタイプ
むくみやたるむの「茶グマ」

目の下のシミが重なるように見えてクマのように見えてしまう
または
角質が厚くなっていたり、色素沈着によるクマ

メラニン色素が関係しているので
紫外線対策、美白ケアを心掛けてください

こすりすぎなどで角質が厚くなるようであれば
ピーリングを行うのも良いようです
※湿疹など肌に異常が出ている場合は行わないでください

◎上を向くとクマが薄くなるタイプ
シミやくすみの「黒グマ」

加齢とともにまぶたの下の部分が薄くなり、また、たるんでしまって影が出てきてしまった状態
コラーゲンを増やす努力をしましょう
ビタミンCなどを摂取したり
運動、目の周りのツボ押しも良いようです
目のまわりの皮膚は薄いので押しすぎは要注意です

-->
ココロ化粧品トップへ