効果的な手洗い+ツボ押しで気持ちをUP!

手を洗う「ついで」に手のツボを押して気分リフレッシュ

手を洗う時に単純に手だけを洗っていますか?
同じ時間を手洗いに使うのであれば、手にあるツボを押して気分もUPしてましょう♪

知っていると知らないとでは大違い!効果的な手洗い方法

今は新型コロナウイルスの件もあり、外から帰ったときでの手洗いという事がかなり浸透していると思います。
ですが、この手洗い方法、ちゃんとした方法で行っていますか?

手洗いのやり方で効果も半減!?洗い方を確かめよう

実際に手を洗ってみましょう。
まず手を石鹸で泡立てます(写真は分かるように泡をあまりつけてありません)

1.手のひらをこすり合わせます
2.指の間も(手の内側&内側からと手の甲(左)に重ねるように手の内側(右)とその逆も)

3.手のひらに爪を立てるようにこすります(両手)
4.親指の付け根もしっかりと(両親指)
5.最後に手首も洗います(両腕)

最後にきちんと流水で泡を丁寧に洗い流します。
石鹸の泡成分が残っていると、肌荒れの原因になる可能性があります。

ストレス軽減?洗いながらツボ押し効果

手には様々なツボがあります。手洗いをしながら手のツボも一緒に刺激することで、健康的な生活をしましょう♪

気持ちが楽になるツボ・手心(しゅしん)

手のひらに手心(しゅしん)というツボがあります。

手心(しゅしん)ツボ押し

手のひらの中心です。この場所はエネルギーを放出するツボと言われています。
個々を押すと気持ちが落ちつくと言われています。

手心(しゅしん)の押し方のコツ

  • マッサージする手のひらに反対の親指をたてるように押します
  • 10秒程度強めに押します
  • 反対も同様に行います

症状が出ている場合、押したときに「イタ気持ちいい」と感じます

頭痛、肩こりなどに万能なツボ合谷(ごうこく)

手の甲、親指と人差し指の付け根に「合谷(ごうこく)」というツボがあります。
このツボは万能ツボと言われています。
頭、首や肩などに加え、歯の痛みを和らげると言われています。

手のツボ合谷

合谷(ごうとく)の押し方のコツ

  • 合谷(ごうとく)のツボのを反対の親指と人差し指で挟むようにします
  • 強めに5~10秒ほど少し痛みが感じるくらいで2~3回繰り返します
  • 両手行ってください
押す方の手の形は軽く握る感じで。
人差し指でツボの裏側を持ち上げ親指の先で強めに押します。

いかがだったでしょうか?
手洗いをしながら手のツボを押して、気分もリフレッシュしてくださいね。


ココロ化粧品トップへ