【乾燥肌・敏感肌】はどのような石鹸を選んだらよいのか

乾燥肌・敏感肌の石鹸を選ぶときの基準ってなに?

石鹸を買う時(ボディソープなど含む)
「気持ち良い泡立ち」や「さっぱりとした洗い上がり」などの感覚だけで選んでませんか?

この選び方、乾燥肌や敏感肌などでお肌の弱い方には少し危険かもしれません

敏感肌の石鹸の選び方

乾燥肌・敏感肌など、肌の弱い人こそ石鹸はちゃんと選んでほしい…

乾燥肌・敏感肌に優しい石鹸を選ぶことの意味とは?

肌の構造として健康な皮膚バリアの機能が低下した【乾燥肌・敏感肌】との違いを見てみましょう。下のイラストをご覧ください。

肌のバリア機能

正常な肌と比べ、バリア機能が低下した肌は外部刺激に弱いことがわかります。
太陽などの紫外線等の刺激が直接肌の奥に行ってしまう。肌の中の水分が出て行ってしまい、更に刺激物質が入り込み肌が荒れてしまいます。

反対にバリア機能が正常な健康な肌は、太陽などの刺激を跳ね返し、水分は肌の中に蓄積され、潤っている状態になります。

この太陽マークの部分を石鹸と考えてみてください。
どうでしょうか、石鹸の刺激(洗顔フォームやボディソープも)が強ければ強いほど、肌へのダメージへとつながってしまうのです。

バリア機能が低下した敏感肌・乾燥肌が選ぶ石鹸とは

健康な肌は、保湿成分が30%ほど含んでいます。
乾燥肌や敏感肌は保湿成分が低下して、肌のバリア機能がなく、刺激が入り込みやすい状態になっています。

この状態は外からの小さな刺激にも反応してしまいます。

アトピー性皮膚炎や、主婦湿疹、その他肌疾患がある場合は肌のバリア機能が低下しているという事が考えられます。

敏感肌・乾燥肌で選びたい石鹸とは

【1】余分な成分が入っていないシンプルな石鹸を選ぶこと

肌に使うものは必ず全成分を記載しないといけない、という規定があります。
その成分が何行もになっていたら要注意です。
肌に不要なものが入っている可能性が高いのです。

特に、成分表にわからない英文字等が入っている場合、余計なものが入っている場合が多いと考えられます。

※「手作り石鹸」で記載していないものがありますが、これはいわゆる「雑貨」扱い。
使って肌に何か支障が出ても保証がありません。
気を付けたいのはこの成分が自分に合っているのか成分すら確認できないということです。

『小麦粉成分でトラブル発生』
~〇のしずく石鹸事件でわかる石鹸のバリア機能低下の肌のトラブル~

社会問題にものなった石鹸アレルギーの事件を覚えていますか?
泡立ちが良く、モチモチとして気持ちが良いと当初有名でした。
手のひらに乗っけた泡をさかさまにして「さかさまにしても落ちない泡」は話題でした。

ただ…小麦粉アレルギーを持っている人にアレルギー症状が出てしまった。

みなを驚かせていた「モチモチ感」を出すために配合されていた小麦粉成分。
肌から少しずつ小麦粉成分を摂取してしまう状態になり、アレルギーが出てしまったと考えられます。

【2】成分表の順番を確かめる

成分表というものは上から順に配合が高いものが記載されています。
水(または水分)などが最初に記載されている場合、は防腐剤(※1)が多く配合されている可能性が高いと考えられます。

また、香料(精油ではなく)などは最後に記載されることが多いですが、敏感肌には刺激になってしまうこともありますので注意が必要です。

【3】敏感肌は特に液体や半練りタイプではなく、固形石鹸を選びたい

半練りタイプ(チューブ)や液体の石鹸は水分量が多いので「防腐剤」が配合されています。
反対に固形石鹸は水分量が少ないので基本、防腐剤(※1)は配合されていません。

(※1)防腐剤は物を腐らせない、その製品を腐らせないためだけのもの。利用する部分では必要のないものです。

また、ワンプッシュで泡が出てくるタイプは「界面活性剤(※2)」が多く配合されている可能性が高く、皮脂をとりすぎて、肌が乾燥しすぎ、敏感肌になる可能性が非常に高いと考えられます。

界面活性剤も石油系と植物系があるので肌には植物系が配合されているのを選びましょう。

(※2)石鹸には界面活性剤は本来不可欠です。 本来なら混ざり合わない油と水を混ぜ合わせ、汚れを落とす働きのあるものを界面活性剤といいます。

◎余分な成分が入っていないシンプルな石鹸を選ぶこと
◎成分表の順番をみること
◎なるべく固形の石鹸をえらぶこと

乾燥肌、敏感肌は特に泡切れが良い石鹸を選びましょう

泡切れが良いということは、洗浄成分が必要以上に肌を指摘しないという事。
泡は肌の汚れや脂分をとりますが、泡切れがわるいと必要以上に皮脂をとり、乾燥肌、敏感肌を加速させてしまう可能性があります。

丁寧に洗浄成分を流すということは大切ですが、泡切れがよいとその分洗い流す時間が少なくなり、肌への負担が軽くなります。

ココロ化粧品ナチュラルピュアソープ(2種)は、乾燥肌、敏感肌の方が安心して頂けるよう無駄なものを省き、洗い上がりさっぱり+保湿力UPを重視した石鹸です。
上質な泡、また、泡切れが良いのも特徴です。

Column

ココロ化粧品:Blog

タグクラウド

あんず美人石鹸 たるみ カミツレ花エキス カモミール コロナウイルス シアバター ストレッチ セロトニン ダイエット ツボ ナチュラルピュアソープ ナトリウム ニキビ ハンドクリーム ビタミンC ビタミンE 乳酸キャベツ 乳酸菌 乾燥肌 低刺激 低刺激石鹸 便秘 保湿 保湿ケア 出店 吉祥寺 味らい 手作り 手荒れ 抗酸化成分 敏感肌 杏オイル 武蔵野プレミアム 水分 水分補給 石鹸 美容 肌荒れ 腎臓 華美 血液 角質 食物繊維 低刺激石鹸・華美・あんず美人石鹸 フェイスマスク・あんず美人ますく
ココロ化粧品トップへ